古い時代の教育をこのまま続けるつもりですか?

​- 2020年 大学入試が激変します -

21st Century Skills

for the future of children

Logical Thinking

他塾では学ぶことの出来ない、

ロジカルシンキングの授業を

​是非ご覧ください。

古い時代の教育をこのまま続けるつもりですか?

 これからの子ども達は、大人自身が誰も経験したことのない新しい時代を生きていかなくてはなりません。

 

 そして、その子ども達が社会に出る頃には、更に激変した社会となっています。

 

 当然、その変化に合わせて社会が求めるスキルや学力も変わります。今までの江戸時代(それ以前)から続く「知識詰め込み型」の教育では通用しなくなっていきます。

 

 しかし現在、社会で力を持っている古い教育と古いルールで成功した(変化を受け入れられない)人たちは、自分が生きてきた時代の方法に固執し、疑問を抱くことなく、また疑問を抱いていても変化を恐れ、目をつぶり、今までと同じままの教育を子どもに与え続けています。

 

 このままで大丈夫でしょうか?

 人工知能が発達した社会で、人間に求められる力とは何なのでしょうか?

2020年大学入試が変わります!求められる新しい教育

 「ゆとり教育」等、文部科学省も時代の変化に対応しようと改革を行ってきましたが、様々な部分での認識の違いがあり実際は上手くいきませんでした。

 

 しかし、2020年に行われる入試制度改革では、今までの「知識詰め込み型」から、自分で問題点を探し、探求し、場合によっては他者と協力し、自分で考え答えを導く「課題解決型」へと変わっていきます。文部科学省:問題草案

 

 既存の主な進学塾の学習スタイルは「知る」ということだけに重点が置かれ、頭を使っているようで「本当の考える」ということが圧倒的に少ないのです。むしろ、これだけ時代の変化が激しいにも関わらず、ずっと変わらない従来のサービスを提供し続けている時点で、塾自体が本来生徒に教えるべき「疑問を抱き」「考える」力を失っています。

 

インターネットが普及した社会では知識を蓄積することに価値はありません。知識の蓄積は、身近に、手の中にあるからです(スマートフォン等)。次世代に求められる力は知識を使って、自分の頭で考えることです。

必要なのは英語ではない。次世代に求められる力の土台。

「ロジカルシンキング」とは?

 あまり考えず表層的に「グローバル化=英語・英会話」と考えて飛びついてしまいがちですが、グローバルな社会に本当に必要なものは「ロジカルシンキング(論理的思考力)」です。

 

 どんなに素晴らしい発音であっても、どんなに英会話を早期から取り組んでいても、グローバル化した世の中で重要なのことは“話す内容”です。英語は日本語と同様、情報伝達のツールにしか過ぎません。旅行だけならまだしも、アカデミックな場面やビジネスの場面での内容は論理的なものです。そこで求められる力の土台になるのが「ロジカルシンキング」です。ロジカルシンキングを身につけた上での英語学習とそうでないものと差は圧倒的です。

 

「ロジカルシンキング」とは?

 

理由と結果を結びつけて考え、「なんとなく」で答えない力のこと。

 

 言い換えれば、「なぜだろう?」と疑問を感じ、「なぜなら?」を探し続ける、感じた疑問を「だから」という根拠によって主観ではなくで、客観的に他者に伝えること。

 

 未知のことに出会い疑問を感じる力は、好奇心や探求心を生み、知識の吸収を早め、自ら考え、「本当の学力」を身につけるはじめの一歩です。情報を鵜呑みにせず、「なぜだろう?」と感じ、「なぜなら?」を探す。この作業を粘り強く続けることが出来た子どもだけが、勉強は当然のこと、社会に出てからも必要なスキルを身につけられるのです。

 

  

 現在の教育現場や進学塾では、疑問に思う事よりも答えを教えることを優先し、教える側も教わる側も知らず知らずのうちに楽をして、「なぜだろう?」と考えることをやめてしまいました。与えられる大量の知識を、単なる情報として蓄積するだけなのか、それとも、その知識をもとに様々な未知の問題について想像し、類推して解いていけるのか。学習効率において最も大きな差を生み出すのが、この「ロジカルシンキング」なのです。

 

 疑問を抱くことををやめてしまった子どもに、未知のものに取り組む力は絶対に備わりません。子どもの応用力の差は才能ではなく、これはロジカルシンキングを積み重ねてきた量の差です。

 

 Educatioでは「考えることは楽しい!」そして「伝えるってワクワクする!」という気持ちを育み、社会に出て、夢を叶えるための「本当の学力」を身につけるロジカルシンキングを提供しております。

© Educatio All RIGHT RESERVED.